ブログの写真

2012年9月アーカイブ

2012年9月24日

都島区民まつり

 都島区民まつりが22日開催され、デーセンター機関車が出店しました。夕方には陰ったものの、日中はかなりの陽射し。暑さのなか、古着や古本など何とか1万円を売り上げることができました。

  うれしかったのは、「デーセンター機関車」という言葉に「あぁ、見たことあるわ、あの地下鉄の駅出て、斜めに行ったところやね」という反応がいくつかあったことです。地域での認知度はアップ。活動の認知はこれから...それでもちょっぴり嬉しい1日でした。

 

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時11:57 | パーマリンク

2012年9月13日

最終審査へ!! リキテックス アートプライズ

213_1_38e6bc753fcc1ece9b77c8a417aff5bf[1].jpg

 おなじみのビー玉アートが、見事、一次審査を突破!!最終審査に進みます。

 絵の具大手メーカー・リキテックス主催の公募展「リキテックス アートプライズ2012」です。リキテックスのwebサイトでご覧ください(9月24日まで)https://www.artprize.jp/entries/#l

 アーティスト名は規約により、スタッフ「西土幸秀(にしどゆきひで)」の名です。フェイスブックやツイッターのアカウントをお持ちの方は、一般審査への投票が可能です。ぜひ一票を!!

  東京近辺にお住まいの方、もしご都合がつけばぜひ足を運んで下さい。

    ■アートフェア日程・会場      2012年9月29日(土) 10:00 - 18:00 (入場は17:30まで)

     会場:ラフォーレミュ?ジアム六本木

         (東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビルB1F)

         入場料:500円

        一般審査〆切:15:00

         審査発表/表彰式:16:00

 私たちが長年取り組んできたビー玉を転がして描くビー玉アート。普段1枚の原画作品を切り離して作ったポストカードは後援会会員の皆様にお届けしたり、自主制作製品としてフリーマーケットなどで販売したりしてきました。

  切り離されたポストカードも線と線で隣に繋がっている、ビー玉の描く一線一線は一人一人の途切れない「つながり」なのだという思いが込められています。今回の作品は、「つながり」というコンセプトそのものを作品のテーマにし、改めて「わたしたちのつながりとは?」を皆で考え、話し合いながら完成しました。

  アートそのものの評価というものよりも、こうしたものを通じて福祉に普段関心のない方に私たちの取り組みや、重度の障害を持つ方でも地域社会の中でいろいろな方とつながりながら暮らしていくのだという思いが少しでも伝わればと。

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時15:25 | パーマリンク

2012年9月11日

川口珠生展 9月10日から21日

 川口珠生展が、galerie"見る倉庫"で始まりました。10:00から17:00.ぜひご覧ください。

  メルヘンタッチの絵、装飾...これまでの見る倉庫ではなかった雰囲気。不思議な感じです。

  16日、17日はお休み。入場無料。

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時09:40 | パーマリンク

2012年9月 3日

SENDEX2012

 韓国最大規模の福祉フェア「SENDEX2012」(8月30日?9月1日)に出展しました。今年で3回目ですが、来場者数は一番少なく感じました。韓国でもスタートした介護保険"市場"が、当初予想したような規模(日本のような)とはならず、さまざまな企業の思惑が外れたようで、出展企業も前回よりも少なくなっていました。

  それでも国際交流・研修プログラム「パラム・クム」(風・夢)1000部のパンフレットは配り切り、関心を持つ方々との出会いがありました。特に今回は30代の若いエネルギッシュな韓国の方々にお会いできたことは大きな収穫でした。彼らは介護機器、研修事業、出版などを通じて、どうやって自身の会社を経営していくのか必死でした。最大効率の最大利益という会社と、私たちとでは目的や手段も異なりますが、それでもあのエネルギーが我々にあれば、どれだけ福祉の現状を変革できるだろうかと、彼らの存在が眩しいほどでした。

  与えられた課題は一生懸命やるものの、必死になれない私たち...。それでも毎月の給与は出る。そのことに甘えのような、甘美な"緩み"はないのだろうか...。どうして必死になれないのか。心地よさ、癒し、まったり、それのみを求められるのではないはず。私たちには(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時19:57 | パーマリンク