ブログの写真

2013年4月アーカイブ

2013年4月24日

スタッフ募集

2014年度スタッフの募集を行っています。

重症心身障害者の地域生活支援に情熱を注ぎたいと思う学生さん!ぜひ、マイナビからエントリーをお願いします。

セミナー見学会も実施していますので、支援の現場をご覧いただけます。また先輩スタッフへの質問コーナーも設けますので、遠慮なく何でもお尋ねください。

マイナビには以下のアドレスからアクセスお願いします。

https://job.mynavi.jp/14/pc/search/corp76887/outline.html

目を輝かせる学生さんと話をするのは楽しいものです。

いい出会いとなりますように。

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時18:26 | パーマリンク

2013年4月22日

召天祭

 「永遠の命」について説教を聞きました。理解はなかなか難しかったです。言わんとすることが分かったというのでは、きっと分かったことにならないでしょうから。ほんとうの理解とは信仰と同義語のはずでしょうから。

 それでも...。ヘルパー派遣先だった方、その内縁の夫、被後見人の母、妻...遺影と遺骨を預かっていただいている教会にこうして年に1回、足を運ぶことは心がやすらぐひと時です。他の遺族からのあいさつの言葉、賛美歌の合唱が続きます。遺影を見ていると、死というものへの恐れが消えて行くような気もします。

 信仰を通じた「永遠の命」。こうして故人をしのぶという意味での永遠は、ただの思い出に過ぎないのでしょう。死から逃れることのできる者などいません。その恐れを克服する平安の心持ちといったものが永遠の命なのでしょうか。では信仰はどこに?

 日常の雑事も消えてしまうことはありません。平安の心持ちがあれば、日常の雑事から解放されそうな気もします。ならば、私の平安の心持ちとは所詮、その程度のものなのでしょう。永遠の命など手に入れられるはずもありません...(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時09:23 | パーマリンク

2013年4月11日

入所式2013

 今年も多くの新しい利用者さん、スタッフを迎えての入所式が10日、西成区民センターで開催されました。

 いつもの新利用者さんの紹介や新スタッフの自己紹介イベント以外にも、今年は夢飛行開所20周年のミニイベント、新しく開所した「デーセンター音・on」(大阪市港区)とケアホーム「ことのは」(大阪市大正区)の紹介もあわせて行われました。

 

 

 春・・・春・・・ この季節になると、小学校1年生、真新しい教科書をもらって期待と不安とで高鳴る胸の鼓動を思い出します。最初に習った国語は、「あさ あさ あかるいあさ うみがひかる やまがひかる」という詩でした。

 希望に満ちた春。大切にしたい春。この詩のイメージが強烈に春と結びついています。

 どうぞみなさん、よろしくお願いします。よき出会いとなったこの日を心に焼き付けて。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時15:30 | パーマリンク

2013年4月 6日

言っておくこと

 日曜早朝、85歳の母親からスマホに着歴あり。嫌な予感。

 あわてて駆けつけると、布団に入ったままで、「あの袋に通帳がある」「ここに書類が入っている」「あの人は、私の友情で後援会に入ってくれているから、もう振り込み用紙は送らないように」・・・そんなことを次から次と。そんなことを言うために?・・・「口がきけなくなったら駄目だから。今言っておかないと」・・・「どうしたの?」・・・「夜中にトイレに起きたら、めまいがして倒れた。今も起き上がれない」・・・脳梗そくかとすぐに119番を。

 自分の状態よりも、言っておくことがあるの?

 病院のベッドで眠る母。戦時中は、米軍艦載機の機銃掃射を受けた母。障害故に子供は産めないと言われた母。毎日保育所からの帰り道、私のいろんな話を聞いてくれた母。私の知っている母と、ほんとうの母はどう違うのだろう。

 死の影が迫りながらも、"言っておくこと"を探しているなんて...

 小さな呼吸、小さくなったその姿を見ながら、私は何かが胸をいっぱいに満たすのを感じてしました。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時19:33 | パーマリンク

2013年4月 6日

voice

 困難になること、厳しくなること...そのような出来事には、どこかに前向きにその現象を捉え、自身を奮い立たせることは日々、経験している私たちだけに、"声"を聞いた時には、え????わ????という純白のような喜びが満ちました。

 気管切開をしていた利用者さんのvoice。 とてもうれしくて、声のトーンに愛しさすら感じます。

 あたりまえのように出る声。こんなにも声が"いける"ものだったなんて。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時19:24 | パーマリンク

2013年4月 6日

親の想い...

 DSC00344.JPG

 多くのスタッフが聞き入りました。

 昨年逝かれた利用者さんのご両親による講座『親の想い』。これまでも、ご家族に重い障害を持った利用者さんへの気持ち、生い立ち、これからのこと...などをお聞きしてきましたが、今回は既にお亡くなりになった利用者さんのご両親だけにスタッフの表情にも以前にもまして真剣さが見えました。

 さまざまな"闘い"・・・それは、ご家族だけでなく、私たちにも課せられたものであるはず。仕事は作業ではなく、想いを込め、何かを変化させていくこともまた。若いスタッフたちにも確実に伝わったであろう一夜でした。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時19:05 | パーマリンク