ブログの写真

2013年6月14日

青い空...

DSC00628.JPG

 「地球は青かった」...はガガーリンの言葉として有名ですが、正確には「空は非常に暗かった。一方、地球は青みがかっていた」とのこと。「ここに神は見当たらない」のほうが日本以外では知られているそうです。これは社会主義国・ソビエト連邦という背景が大きいのでしょうが...

 さて、今日の青空は気持ちよく。暑い...という言葉も出ますが、それでも朝、空を見上げた瞬間、いい気分になれました。

 一方で、青い空を見て神を感じるのか、はたまた人間を超越した自然の峻厳さを感じるのか。ニヒリズムに陥ることは避けながら、人間が自然の一部であり、そこに神はなく、ただただ"存在する"ことの厳しさ、冷徹さのようなものを突き付けられているように感じる自分がいます。

 青い空... (Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時15:46 | パーマリンク