ブログの写真

2014年10月アーカイブ

2014年10月25日

グループ外出

 近所への散歩や一泊旅行など大がかりな外出のほか、ちょっとした遠出を行っています。少人数のグループに分かれて、好きな時期に、好きなところへ日帰りで出かけます。今年はハルカス、京都・時代祭、カフェ探訪など...。行き慣れた場所でも、皆で行けば、見える光景も違ってきます...(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時16:47 | パーマリンク

2014年10月20日

DPクリエーションのボランティアさん

  堺市の美容室「DPクリエーション」(http://www.d-p-c.jp/)さんの出張美容室ボランティアです。

  自然に体が動いてしまい、なかなか美容室では受け入れが難しいといわれる利用者さんたちですが、「DPクリエーション」の方々は、お店がお休みの月曜日に駆けつけてくれました。

 手際よく、次々とカットされる利用者さん。いつもと違うヘアスタイルに戸惑いながらも、満足げです。 先日のBODY SHOPさんといい、美容関係のボランティアさんが続きます。皆さま、ありがとうございます!(Z) 

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時14:41 | パーマリンク

2014年10月17日

THE BODY SHOPのボランティアさん

 英国の化粧品店「ボディショップ」からハンドマッサージのボランティアに3人が来られました!!イオンモール堺北花田店の大谷絵美さん、阪急三番街店の山口さつきさん、大丸心斎橋店の土谷幸恵さんの3人です。

  お昼を食べて、ちょうど少し眠くなった午後、いい香りのクリームを手につけ、一人ひとり丁寧にマッサージしてくださいました。映像のように、あまりに気持ち良くて、放心状態の利用者さんも。ありがとうございました!また来てくださいね!(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時15:55 | パーマリンク

2014年10月16日

木村篤志&池野ほのか ほあほあ展 11月1日(土)まで

DSC00394-hp.jpg

 

DSC00384-hp.jpg

 

DSC00387-hp.jpg

 

DSC00389-hp.jpg

 仲良し二人組、木村篤志さんと池野ほのかさんの2人展です。galerie"見る倉庫"(西成区岸里東1?5?25)で11月1日(土)まで。ぜひお越しください。

 墨絵のような作品から花や建物の水彩画、怪人のペン画までさまざまな作風で観る者を戸惑わす(木村さん)。あるいは、緻密でカラフル、思わず作品に近づいて目を凝らしてしまう(池野さん)。どの作品もお勧めです。Tシャツやポストカード、バッグも販売しています。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時09:27 | パーマリンク

2014年10月11日

歯ブラシ調査

DSC00371-hp.jpg

 360度歯ブラシの使い心地を調査しようと、大阪商業大学の学生さんが訪ねてくれました。東大阪市のメーカー「STBヒグチ」(http://www.stb-h.co.jp/)さんの歯ブラシです。スタッフの反応をもとに、製品の改良の工夫や販売戦略などを検討、日経BP社が主催するイベントで発表するそうです。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時14:44 | パーマリンク

2014年10月11日

ROUND HOUSE 2014

 双子姉妹のバイオリニスト「HAPPY TWINS」。ホームコンサート等でお世話になっているお二人も参加する「ROUND HOUSE 2014」のコンサートがありました。音楽はもちろんですが、エアリアルダンスを取り入れた舞台演出は印象的です。来年はぜひ皆さんも...(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時10:39 | パーマリンク

2014年10月 8日

祈り...

 「ちょっと行こうか」と誘われ、乗ったタクシーの行く先は神戸の湊川神社。楠木正成を祀る。もう夜遅く、境内には入られなかったが、門前で手を合わせた。勝負の神様から力をもらい、自身を鼓舞していたのか。

 高校野球指導者の上甲さんが先日亡くなった。私が御一緒させていただいたのは、20年以上前1993年のセンバツ。愛媛県立宇和島東高校を率い、その5年前には、センバツ初出場初優勝の快挙を成し遂げた。久しぶりの甲子園出場ということでその戦いぶりが注目されていた時だった。のちにプロ野球入りする平井、岩村、橋本らを擁し、その打撃練習を間近に見て、「これが甲子園のレベルなのだ」とわずかに少年野球経験者の私は目をむいた。

 しかし、対戦相手は、これまた名将・木内監督率いる常総学院。試合前夜、宿を訪ねた私を神社まで誘ったのは、どんな思いだったのだろう...。

 選手の素質をどう見抜くのだろうか。選手起用の妙というものは?まだ駆け出し記者だった私は尋ねることができなかった。おっかなかったのだ。ある日、ある選手を前にして、至近距離からのノックを何本も何本も浴びせた。彼は必死に食らいついていた。文字通り、私はそのすさまじさに息を飲んだ。それはセンバツを前にして選手の気持ちを奮い立たせるためだったのか。捕球の技術・才能を試したのか。それとも監督なりの彼への挨拶だったのか。彼はその後、レギュラーを外れた。今だったらその理由を聞けるだろうと思う。聞いてみたかった...。

 奥様に先立たれ、宇和島から済美高に移り、その後、投球回数をめぐる投手起用法で批判を受けた。対する発言が精神力至上主義的に受け取られもした。しかし、私にはあの夜、神頼みをしていた姿が心に残る。強さに潜む自身の心の弱さを忘れたかったのかも知れないと想像をめぐらしても、もう尋ねることができないほどに時間が過ぎてしまった。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時14:46 | パーマリンク

2014年10月 6日

フリーマーケットとスウェーデン

DSC00341-hp.jpg

DSC00343-hp.jpg

DSC00356-hp.jpg

 なぜか雨を呼ぶフリーマーケットです。毎回のように雨が降り、昨日も台風18号が接近するとのこと。なかばヤケクソの開催でしたが、雨は降らず、どんよりとした曇り空。ただ、それが良かったのでしょうか。お客さんも入りはまずまず。なんとか形にはなりました...。ただいくつかのイベントは台風を予想して中止にしており、残念でした。 ...写真は、フリマのノボリ、他施設の授産製品を販売した「トルテ」、児童向けのイベント「かえっこバザール」の様子です。(Z)

tank -hp.jpg

  福祉新聞の連載「変容する福祉国家スウェーデン」が興味深かった。「スウェーデンにおいて『福祉』は弱者の保護やケアではなく、国際経済の荒波を乗り切るための『経済政策の一環』であるという強い信念がある」「欧州先進国の中にあって人口対比で最も病床数を意識的に削減したのはスウェーデンである」といった言葉が、前スウェーデン大使の渡邉氏から語られる。

 北欧の福祉制度の話を聞く度に、制度はその制度を使う人々の精神・経済文化と切り離せないと思い、礼賛的な制度紹介を胡散臭く感じてきた私には理解しやすい内容だった。

 スウェーデンでは今でも徹底して供給主体の運営管理上の都合や医療者の休暇・勤務時間や当番か非番かを優先する医療文化である▼医療のアクセスは「医者に会うのは首相に会うよりも難しい」▼いつでも自由に医者に診てもらえる。換言すれば医者に無理をかけても診てもらえる日本...   

 日本と比較して、子育て支援や障害者福祉の充実を取り上げながら、

 誤解を恐れずに言えば、将来働き手となる子どもと障害者という「未来」の充実を図るため、「過去」を象徴する高齢者予算が削減されたのである▼国民の生活現場から見ると、アシスタントに付き添われて街中を出歩く車いすの障害者は多く見受けられるが、自ら歩行器で買い物や散歩する体の不自由なお年寄りは見かけても、ヘルパーに付き添われた車いすのお年寄りは余り見かけられなくなった▼毎日4回の散歩が義務付けられ、飼い主と「犬の保育士」による散歩の姿をよく見かける犬よりも、高齢者の扱いが悪いとの酷評まである。

 しかし、国民の反発はないのか。渡邉氏は「高齢者は総じて我慢し受け入れているように見える」と言う。なぜか。

 そこには、納税によって得られる範囲のサービスを利用しつつも「自分の時間と空間を大切にし、他人に管理されたくない。人は独りで生きて独りで死ぬ。日常生活の中で自然体の尊厳ある死、いわば独立死をいとわない」という「自立した個人」の「強い覚悟」を見いだすことができる。さもなければ、大病院の病室内で遠隔心電図モニターもつけられず回診の合間の時間に病状が急変し「病室内孤独死」をする患者が発生しても何ら社会的問題とならず国民的に受け入れる社会ということは到底理解できない。

 私は父の姿を思ったとき、私はこれを受け入れる覚悟はないだろうと。二者択一ではないが、様々なことには表裏があり、それを受け入れたり、支えたりする部分が存在する。その部分を考えず、否、思考力を持たず、表面的な話に終始することには徒労感すら感じる。その点、渡邉氏の話は、制度の一面で語られることの多いスウェーデンの福祉を様々な面から語っており、納得のいくものだった。

 さて、それは、私たちの法人であっても同様。私たちにとっての仕事とは?賃金とは?労働者としての側面、支援者としての側面。あなた自身の生き方は?私たちは、真摯に自身を問い直す作業はできているだろうか...。(Z) =写真は事務局の窓からの風景。

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時10:39 | パーマリンク

2014年10月 4日

結婚式の招待状

DSC00334-hp.jpg

 濃いブルーが映えます。ビー玉アートによる結婚式招待状。祝福のメッセージを添えて、皆で心をこめて作りました。なかなかいい感じです。どうぞお幸せに...(Z)

140910 IKEA hp.jpg

  IKEAへの外出光景。それぞれに買い物を楽しみました。ご家族へのお土産と言われ、大量のおもちゃ類も...。スタッフもその量に圧倒されていました。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時12:17 | パーマリンク