ブログの写真

2015年12月アーカイブ

2015年12月22日

父のこと

  口論になった。虐待じゃないかと言われた。IVH、気管切開、胆管ドレナージ、導尿..."延命治療"は虐待に映ったか。

 異常だとも言われた。毎晩父の病院に泊まり、看護師と一緒にケアした。ほとんど家には帰らず、2年間体力がよく続いたと思う。しかし、長男の非難の言葉は心の奥で相当堪えた。その口論から10日ほどして父は逝った。心拍数は10060402015と徐々に落ちて、おだやかに、苦しまず、静かに、そして0...。

 

 いわゆる"延命治療"に関して、肯定的でない社会的合意が醸成されているように感じる。看護師に"もういいですよね"という表情が見える。「お父様は望まれていますかね」との医師の言葉も耳に残る。そうなのかも知れない。社会的コストという側面もあるだろう。しかし、失いたくないという気持ちとその手段は切り離されて考えられるべきなのだろうか。苦しめようとは思わないが、苦しんだのだとしても、生きてほしいという周囲の気持ちは本人の苦痛に勝ることはないのか。

 

 その数日前に父が目を開けた。「殺せ」と言ったのかも知れない。いや、「ありがとう」だったのかもしれない。わからない。はっきりしているのは、このような情景が特殊なものでなく、日本のあちこちであふれたものであるということ。本人が望まないだろうと言いながらも、もしかすると多くの人々が、自身のしんどさとの軽減と引き換えに"延命治療"を選択しないのかも知れないとも思う。

 

 ここ数日、「あぁ、帰るのは自宅。病院じゃないんだ」と改めて気付く。朝起きると、「昨夜は吸引しなかったのだ...」と睡眠の長さに気付く。そう、利用者さんを失ったご家族もきっと同様の朝を迎えられるに違いない。これまでに何人もの利用者さんを見送ったはずなのに、そのような感情を我がこととして感じることがなかったことを今更ながらに知り、恥じる。そして、ああして良かったよなぁ?と父に尋ねる。(Z

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時22:43 | パーマリンク

2015年12月 8日

「あることについて」  galerie"見る倉庫" 12月26日(土)まで

arukoto1.jpg

arukoto2.jpg

arukoto3.jpg


arukoto4.jpg

arukoto5.jpg

 信じることは不安定です。信じたものは、時間と共に変化し、信じたはずの感情は薄れ、行為者はいつか命を終えます。そうであっても、信じることを確信することに一体どんな意味があるのでしょうか。人だから意味があるのか、あるいは、命というものは信じることを運命づけられているのか。
 上野倫可さん、横溝千夏さん、二人の作家さんによる作品展「あることについて」。利用者さんの姿、声、さまざまな音を通じて、あることを表現した展覧会です。おなじみのビー玉アートも登場しています。さらに秀逸なのは会場に流れる"音"です。活動中の声や音が形容し難くミックスされ、独特の雰囲気で会場をやわらかく包みます。
 お二人は東京在住。交通費や制作費は、インターネットを通じた寄付サイト「Ready for?」 https://readyfor.jp/projects/yourwing を通じて多くの方々にご支援いただきました。すばらしい作品、そして資金面での援助を前にして、今後の展開に大きな宿題をいただきました。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時09:50 | パーマリンク

2015年12月 8日

あっという間に師走...

 

 国際交流カフェを12月5日(土)、天王寺区民センターのチャレンジスペースにて開催しました。ドイツ、フィリピン、オーストラリアの外国人スタッフが皆に手料理を。1日だけの開催で、PR方法に課題が残りましたが、料理は絶品。今後の発展を確信する、おだやかな土曜の1日でした...。

  tyubu.jpg 

 今年入職の新人スタッフに対する「新人研修」を行いました。年間を通じて開催する「新人研修」の一環で、今回は「NPOちゅうぶ」から講師をお招きし、障害者運動の歴史や福祉制度の歴史的背景について学びました。福祉"サービス"と呼ばれるようになって久しいのですが、"サービス事業者"として求められる事柄と、"支援活動"との距離は意外と大きく、気付かぬうちに私たちはその狭間で苦しんでいます。
 "サービス事業"と呼ばれる制度のなかの多くが、障害者らの長年の運動の成果という側面がありますが、ともすれば、私たちはそれを忘れ、単に行政が用意したメニューを表面的にこなす下請けになっていないか。「重度訪問介護」の成り立ちを知ることも、私たちの"仕事"。新人たちはそれを学んでくれたでしょうか...(Z)

  fukkadai.jpg

 たき火を囲んで徹夜で立て看板やチラシを作り、もちつきの準備をしたのは、もう30年も昔のこと。あの頃はキャンパス内でたき火もできたんだなぁ。今ではそんなことできませんものね。ある作業所で作った「シイタケ」を売っていると、「それは障害者を語った詐欺なんだろう」と言われたこともありました。
  そんなことを思い出しながら、久しぶりの大学祭。関西福祉科学大に利用者さんとお邪魔しました(11月9日)。ポストカードやイヤリングなど利用者さんとスタッフとの協働自主製品を販売しました。多くの学生さんが興味を示してくれ、販売も多数。ありがとうございました!来年もよろしくお願いします。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時08:37 | パーマリンク