ブログの写真

2017年12月アーカイブ

2017年12月29日

大晦日をひかえて

171229.jpg

 風がなければ、この季節の朝はキリリと気持ちが引き締まる良い具合。夜間ケアが明けた朝、利用者さんと近くのお寺にお参りしました。ちょっと早いけど。
 今年は皆さん、どんな年だったでしょうか。利用者さんとは今年1年健康で過ごせたことを素直に感謝しました。

 帰ろうと思った瞬間、ふと目が留まった古い墓石。「故海軍中尉〇〇〇〇 昭和19年10月25日比島」の文字。まさしくレイテ沖海戦の時期です。十分な航空機を持たない海軍が"神風"攻撃を実施、巨艦武蔵の撃沈もこの海戦でした。故人はどのような最期だったのでしょうか。死が当然視された時代を思えば、今の生活が幸せでないはずはない...しかし、そのような感覚は否定される"権利"のオンパレード。主張する権利の数だけ不幸があるようにすら感じられます。おそらく遺骨などない墓石を見つめるうち、"現代の幸せ"の感覚を問わずにはいられませんでした。

 この海戦後、米軍はフィリピンに上陸。当時陸軍にいた私の叔父はルソン島で戦死します。日米軍の激突で多くのフィリピン人が犠牲になったことも知られています。そして70年の歳月が流れ...長男はフィリピン女性と結婚。初孫が生まれました。私にとってこの1年は孫の笑顔に癒された1年でもありました。生きること、逝くこと、そしてその間の時間に存在するであろう幸不幸の意味を墓石の故人であれば何と論じるでしょうか。

 今年1年お世話になりました。どうぞ皆さま、よい年をお迎えください。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時11:09 | パーマリンク

2017年12月28日

アートリース

DSC04254.JPG

 ビー玉アート作品を利用者さんがお届けするアートリース事業。今回は「もりかわ歯科・矯正歯科」へ。
これから約3ケ月間、待合室に飾っていただきます。
 タイトルは「心はれわたる」。作品は西成区、城東区を経て、今回の八尾へ。さて次はどこへ...(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時13:18 | パーマリンク

2017年12月27日

韓国・高陽市から

DSC05134.JPG

 韓国・高陽市より見学者12名を迎えました。同市の障害福祉課長さんや障害者連合会長、デイケアセンターの社会福祉士ら。活動の映像紹介、日本の福祉制度の概要説明に続いて日中活動の様子を見学いただきました。ちょうど先月、私は高陽市にあるKINTEXで開催された福祉フェアを訪問したばかり。なんとも嬉しい気持ちでした。
 
 皆で作った調理を昼食として召し上がっていただきましたが、この日の調理担当はドイツ人ボランティアのベラ。日本の見学先で食すドイツ料理に何とも不思議な表情を浮かべる皆さんでした...(笑)。(Z)


投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時14:27 | パーマリンク

2017年12月16日

ワークショップ

DSC05102.JPG

 重い障害を持った方々の支援をするなかで、アートの活動をどうとらえ、どう継続し、発展させていくべきか。入浴、食事介助などいわゆる"介護"に多くのエネルギーが必要とされるスタッフは日々悩んでいます。

 少しアート活動について立ち止まって考えてみようと講師をお招きしてのワークショップを開催。スタッフでさまざまな思いを出し合いました。

 講師は長らくコクヨで活躍され、現在は独立され、「デザイン」の幅広い応用を目指す竹綱章浩さん。今年度末まで2ケ所の拠点でアート活動に関するワークショップをお願いしています。さて、どのような結果となるのか。楽しみです。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時12:05 | パーマリンク

2017年12月16日

噴火

 伊方原発(愛媛県)3号機の原子炉は船に乗ってやってきました。当時記者だった私は陸上からは見えないので、会社にヘリからの空撮を依頼、四国電力から抗議されたことを思い出します。原子炉の据え付け工事中も「稼働したらと中に入れないもんなぁ」と取材していました。先日、その3号機の運転差し止めの仮処分決定を広島高裁が行いました。

 その理由は「熊本県の阿蘇山で巨大噴火が起きて原発に影響が出る可能性が小さいとは言えず、新しい規制基準に適合するとした原子力規制委員会の判断は不合理」というものでした。

 東日本大震災が起こるまで、各地でさまざま人々が起こした原発訴訟は司法の壁に阻まれてきました。それが一転、"Fukushima"以後、司法の判断が揺れています。結局、眼前で出来事が起こらなければ、判断を覆すことはできなかったということでしょうか。巨大噴火の可能性は10年前も50年前も100年前もあったでしょう。活断層の危険性を裁判のなかで指摘しても、「安全」と判断してきたのは司法だったはず。であれば、今回の決定も科学的なものでなく、"社会の雰囲気"を読んだ判断なのかとも思います。

 原発が地域経済を支えるなかで、反原発を貫いた故斎間満さん。ローカル紙「南海日日新聞」の事業主、記者としての生きざまに当時八幡浜通信部にいた私は大きな影響を受けました。神戸への異動の際には送別の宴、退職した際もわざわざ激励のお手紙をいただき、おおいに励まされました。その斎間さんが存命であったら今回の決定をどう受け止めたでしょうか。素直に喜んだとは思えません。おそらく苦笑だったのでは。

 「私の危惧は、感情的原発反対論者の多くが、巨大噴火で原発が破壊された場合の危険性のみに注目していることである。冷静に考えていただきたい。巨大カルデラ噴火が一度起きて原発が火砕流で被害を受けるような場合には、その領域に暮らす人々の日常生活はすでに高温の火砕流によって破壊されているだろう。」https://news.yahoo.co.jp/byline/tatsumiyoshiyuki/20171215-00079280/

 私たちの仕事は重い障害を持った方々の社会参加、地域生活を支え、支援することです。その支援に必要なさまざまな事柄、人によってその条件は異なりますが、個人の"雰囲気"でありながら、その事柄の条件を合理性を持ったものと思い込み、信じ、声高に叫ぶのだとしたら私は勘弁してほしいなぁと思うのです。ほんとうにそうなのか、客観性を担保しているように見えながら、その本質は何か。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時10:49 | パーマリンク

2017年12月13日

写真撮影

DSC05094.JPG

 ブランコに乗りながら外国人と会話をする...日常ではあまり見かけない光景でしょうが、写真撮影となれば別。鉄棒に背を持たせて談笑するポーズなどにシャッターが切られました。

 就職活動をする学生向けPR誌掲載のための撮影です。採用が厳しい福祉"業界"へのイメージを変えてもらおうと福祉関係の様々な法人が若手スタッフの素顔を掲載するもので、今年で3回目となります。当法人からは、海外研修をきっかけに英語の勉強に励む若い男性スタッフに登場願いました。

 実際、米国・シカゴ研修に参加して、英会話学校での勉強を継続している彼。カメラマンからは「被写体がいいので、撮影が楽でしたー」とおほめをいただきましたが、発行が春ということで、撮影は薄着で。その寒さに耐えた分、学生にアピールできることを祈ります。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時14:39 | パーマリンク

2017年12月11日

結婚式の席札

DSC05057.JPG

 結婚式を挙げないというカップルが増える一方、席札に工夫を凝らし、参列者一人ひとりに心温まるメッセージを添える式も増えてきました。そんなときにぴったりなのが、ゆうのゆうの席札です。

 席札1枚は大きな紙に描いた作品を裁断したもの。利用者さんとスタッフが協力して絵具がついたビー玉を転がし、描いた軌跡は、会場の誰かとつながっっています。それは結婚する二人の出会いだけでなく、式当日に訪れた参列者全員の"つがなり"を表現しています。

 今回の席札はスタッフの友人の結婚式のために制作しました。新郎新婦の希望もお聞きして、二人を幸せを祈りながら...。ご希望の方はぜひゆうのゆう(06―6659―6612)にご連絡を。価格は紙質や量によって異なりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時17:27 | パーマリンク