ブログの写真

2019年2月アーカイブ

2019年2月 7日

映画「道草」 宍戸監督が来訪!

michikusa.jpg

 重度の行動障害をもつ人々の地域生活を描いたドキュメント映画「道草」。関西では3月23日から「シネ・ヌーヴォ」(九条駅徒歩3分)などで公開されます。

 「公式ホームページ」 https://michikusa-movie.com/

 公開を前に宍戸大裕監督が「デーセンター夢飛行」(大阪市西成区)を訪問。利用者さん、スタッフにPRしてくれました。

 利用者さんの多くが利用するヘルパー制度「重度訪問介護」は、知的・精神障害の方にも利用対象が最近拡大されました。この重度訪問介護によるヘルパーからの支援を受けながら地域で生活する行動障害の方々の日常生活をとらえた映画です。おおらかな表情をいつも見せてくれる宍戸監督には、人を引き付ける魅力があります。そんな人柄だからこそ、障害を持った方々、またその支援者にも距離を近づけてカメラを回せるのだと思います。

 前作「風は生きよという」の自主上映会を開催して以来のお付き合いです。当法人事務局でも前売り可能(1300円)です。ぜひ多くの方に観ていただきたいと思います。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時13:15 | パーマリンク

2019年2月 2日

カタールか!

 昨日のサッカーアジア杯はカタールが優勝。日本は敗れました。サッカー経験はなく、知識もゼロの私。カタールが2022のW杯開催国で、サッカーを非常に強化していると知ったのはこのアジア杯でした。いつもW杯だけ応援するにわかファン。「ドーハの悲劇」の言葉もW杯の試合の度に聞かされますが、あぁ、それってカタールの首都だったのね...。

 それにしても、「カタールか!」というのが感想でした。人口は名古屋市程度。大阪市よりも小さい。サッカーへの"選択と集中"ということでしょうか。

 30年前の海外放浪中、私のようなアジア人の顔に出会うとすれば、9割5分方は日本人。まれに香港人。東欧だと朝鮮半島の方(当時東欧は社会主義国)がごくまれに。ましてやアジア人が物価高の日本に旅行に大挙して来るなんて想像もできませんでした。

 時代は変化しています。当たり前...。しかし、その行く先を推測することは至難の業です。介護分野における外国人労働者の受け入れは、長年ワーキングホリデースタッフを受け入れてきた私たちにとっては、やっと時代が追い付いてきたかという感想なのですが、今後の福祉の行方となると・・・。

 人口の減少、経済の行方、労働に対する考え方の変化・・・私たちではどうにもならない事柄ではありますが、それでも私たちは重い障害を持った方々を支援することを"選択"している法人です。日々の活動のなかでの"選択と集中"もまた必要です。不確実ながらも近い将来、遠い将来を予測しながら、一時の流行りに資源を奪われず、支援のあり方を考えていく。"流行り"を自身の考え、正しさと錯覚する人々の多さには勝てないよなぁと弱気にもなりますが、"カタール""カタール"と呪文を唱えればとの淡い期待も。なら、あのオーバーヘッドシュートもできるかも?!(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時08:53 | パーマリンク