ブログの写真

2012年11月21日

飲みもの

DSC00070.JPG

  お茶のときもあれば、お水のとき、炭酸飲料が飲みたいとき、いろいろ選ぶのに頭を痛めることはあっても、飲みものがない、そんなことに苦しむことはまずない。飲み水にも苦労する地域があると言われても、その真の苦しみが分からない。

  他人の痛みを想像するだけで、その想像の内容は曖昧。曖昧なことを、自身を責めることによって解決しようとしても、やはり曖昧なまま。他人の痛みを理解するとはどのようなことなのだろう。その人の立場に立つということが段々わからなくなる。その立場を分かることではなく、考えることが大切なのだと言ってみても、ウソくさい感じもする。そんなことをもう10年も、20年も、30年も繰り返しているように思う。結局、自分の心は他人の痛みを理解できるほどに精巧にはできていないのだと悟る。

 ミネラルウォーターのペットボトルを見ると、透明な水が美しい。水素も、酸素も燃えるのに、結びついてH2Oになると、火を消すのだと。他人を思いやる心も、水のように相反する心と心が結び付けば、意外と育つのかもしれない(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時21:58 | パーマリンク

WINGのサイトはコチラ
2011年3月以前の記事はコチラ

検索

ブログの検索