ブログの写真

2013年10月22日

増えた...

DSC_0011.JPG

 ハガキに印刷されたビー玉アート。ポストカードを販売したのはもう10年以上昔となりました。今ではどうでしょう。さまざまなモノに生かされて、ヘアゴムやストラップ、ポチ袋、もちろんポストカードも...いろいろなグッズが並びます。ずいぶんと増えました。

 これらのグッズが購入者という市民と利用者さん、私たちスタッフ、法人とをつなぎます。

 そのことに一般的な商品と差異はあるのでしょうか。あるとして、意味もまた存在するのでしょうか。結局のところ、差異あるいは意味を見い出そうとすれば、そのモノが含む意味づけを探すということになるのでしょうが、意味づけが障害者の社会的位置を固定化するものであれば、私たちはその行為を放棄する勇気を持たねばなりません。障害者が固定化を求めているとは思えないからです。

 ただ売り、買う...硬貨、貨幣ができた当時のことは知るべくもありませんが、シンプルに売り、買いという行為をとらえてもいいのかも知れません。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時17:14 | パーマリンク

WINGのサイトはコチラ
2011年3月以前の記事はコチラ

検索

ブログの検索