ブログの写真

2014年3月18日

新人研修のスタート

 うまく言うものだといつも感心するのですが、今年の新入社員は「STAP型」だそうです。

 「日刊ゲンダイ」から。 ... 理研の小保方晴子さんが本当に発見したかどうかで揺れているSTAP細胞がその由来。STAP細胞が動物の体細胞を弱酸性液に浸すだけで細胞が分化の記憶を消して「初期化」するように、新入社員もわずかなストレスで社会人としての自覚を失ってしまうそうだ。 

 さて、私たちの新人スタッフの研修がスタートしました。先輩スタッフによるOJTのほか、社会的問題や課題の勉強などを1ケ月にわたり行います。毎年、新人たちの輝く目にハッとさせられます。すべてのことを吸収しようという真剣なまなざしにこちらが刺激を受けます。その輝きを失わず、失わさせず。とは言え、仕事を5年、10年、20年とやれば、いろいろあります。「これも経験」とは言えない苦労もするでしょう。入職時と同じ輝きを維持することは相当困難なことに違いありません。

 ただそれは誰しも同じこと。その時は、自身で"マンネリ"を「初期化」して、今の輝きを取り戻してくれたら。そんな「STAP型」なら大歓迎です。(Z)

投稿者:W・I・N・G 路をはこぶ 日時15:15 | パーマリンク

WINGのサイトはコチラ
2011年3月以前の記事はコチラ

検索

ブログの検索